JWP 5/29金町地区センター大会



第1試合 NWGシングル選手権
タニア・トルメンタ(王者)vs 米山香織(挑戦者)

会場に着いたら第1試合が始まっていた。米山のアピールによりタニアのタイトルへの挑戦が決まったらしい。米山の二冠は賭けられず。

序盤はロープワーク、微妙にタイミングが合ってない気がする。米山ドロップキック、ロープに振ってすくい投げ、タニア切り返してすくい投げ。米山場外エスケープ。リングに戻るとパンチ、キック。ロープに振る、米山切り返す、タニア反転クロスボディ、米山かわす。タニアスリーパー、リリースしてロープに振るとハネ上げて落とす(左写真)。ネックハンギングから落としてカバー、カウント2。

タニア肩に担ぐとF5。人のフィニッシャーをこんな序盤で・・・・。カウント2。タニアロープに振ってショルダースルー、米山回転エビに。米山ヘアホイップからドロップキック。米山首投げからスリーパー、タニア首を抜いてアキレス腱というより排腹筋固め(右写真)。

タニアリリースしてクロセータ・コン・ケブラドーラ(左写真)、落としてカバージョ。5分経過。

米山手をかんでブレーク。そのまま腕をひねるとアームホイップ、タニア場外エスケープ。リングに戻るとロープワーク、タニアは身を沈めて下からエビ固め、カウント2。米山回転エビ、カウント2。米山突っ込む、タニアショルダースルーでエプロンに出す、米山トップロープ越しに回転エビ固め(右写真)、カウント2。

米山コーナーに上ってミサイルキック2連発(左写真)、カウント2。

ダブルリストアームサルト(右写真)、カウント2。米山コーナーに上る。タニア下からパンチ、マティマティカに行こうとするが体勢崩れて米山着地。

米山ロープに飛んでカサドーラ、タニアキャッチしてフルネルソンで吊り上げる、米山ギブアップ。

タニア(8分14秒 アンヘリート)米山
※王者11回目の防衛らしい。


第2試合 日向あずみ vs 市来貴代子

板橋大会に突如現れた市来、そのときのやり取りでそのまま日向が相手をすることに。ロックアップ、日向キック入れてロープに振る、市来ロープに飛び乗って反転ボディアタック。市来ロープに振る、日向反転ミサイルキックに失敗してパンチ。

日向超高速ジャイアントスイング(左写真)。さすがに自分で「目回った・・・。」カバー、カウント2。

日向キャメルクラッチ(右写真)。市来を声援する声に「うるさい!」。今日の日向はいつになくよくしゃべる。日向リリースしてストンピング、ヘアホイップ2発から踏みつけ。

日向ボディスラムからカバー、カウント1。日向ワキ固めに(左写真)、市来「痛い!」と悲鳴を上げながらなんとかロープに。日向は腕をひねるとロープに固定して踏みつけ。

日向ロープに振る、市来切り返して張り手。日向も張り返して打ち合いに。日向髪をつかんで顔面にヒザ蹴り連打、ロープに飛んで顔面キック、ドロップキック、カウント1。日向逆エビから逆片エビ(右写真)、市来ロープ。5分経過。

日向ストンピング、コーナーに振って串刺しニーアタック(左写真)。対角線コーナーに振る、市来切り返す、日向コーナーに飛び乗って反転ミサイルキック、日向かわす。市来が突っ込むと日向は顔面キック。日向ジャーマン、市来回転して着地、しかしまた日向は顔面キック。何もさせないつもりか?

市来カサドーラ、日向つぶしてカウント2。日向ロープに振る、市来旋回式ボディアタック(右写真)、カウント1。市来ロープに飛んで2発目に、日向キャッチしてバックブリーカーに、カウント2。日向ロープに振る、市来カサドーラ、日向強引にジャーマンに。

日向ミサイルキック、カウント2。ロコモーション式ジャーマン(左写真)、3発目を市来ブロック。

しかし日向はロープに飛ぶとランニング延髄ニー(右写真)。日向コーナーに上ってダイビング延髄ニー、市来かわすが日向また何もさせずにキック。日向のこういう一面を引き出すとはある意味市来恐るべし。

日向ロープに振る、市来ウラカン・ラナ、カウント2。日向ストンピング、肩車に、市来背後に着地するとフブキ・ラナ(左写真)、カウント2。

市来コーナーに上る、金町の低い天井で後頭部を打つ。しかしそのままダイビングフットスタンプ敢行(右写真)。ひょっとして頭を打ってその反作用で威力を増した?市来恐るべし。市来カバー、カウント2。市来再度コーナーに上り、今度は頭打たずに延髄ニー、日向かわしてジャーマン。

日向みちドラに、市来着地してスクールボーイ、カウント2。市来ロープに飛んで旋回式ボディアタック、日向キャッチしてみちドラに行こうとするがこれはうまく持ち上げられス。日向一旦下ろしてから正調みちのくドライバーII(左写真)、エビに固めてカウント3。

日向(10分17秒 エビ固め)市来

一方的にやられていたようでヘコんでないし、実はいい試合。市来恐るべし。


第3試合 春山香代子&ジェスカ vs シャーク土屋&倉垣ツバサ

シャークと倉垣は白ブリーフをコスチュームの上から履いて登場、ブリブラダンスを踊る。倉垣、イヤなことはイヤと言えるようじゃないと大成しないぞ?シャークはとぅんくをリングに上げて「私に負けたもの同士組ませても役に立たないだろ?今日もヒゲとスネ毛賭けてやるからそっちもなんか賭けろ!」と。倉垣が「こっちが勝ったらとぅんく猛毒隊入り、プロデューサー権もこっちだ」と条件を提示。これに対し春山は「こっちが勝ったら倉垣をBULL-CATSに戻せ」と条件を追加。

コールの最中に春山とジェスカが先制攻撃、シャークを場外に落とすと倉垣にダブルのヌカドーラ(左写真)からダブルのレッグロックに。そして2人でストンピング連打。

ジェスカ倉垣をロープに振ってドロップキック。打点低い(右写真)。

倉垣キック、ストンピング、ロープに振ってドロップキック、こちらはヒールなのにこの打点の高さ(左写真)。倉垣はシャークにタッチ。シャークはジェスカをコーナーに投げつけ春山を呼び込む。

シャーク手四つと見せかけて春山の足を踏む。仰向けに寝せると今度は髪を踏みつけ。倉垣にタッチ。倉垣首投げからスリーパー、そしてボディシザーズに移行(右写真)。倉垣変形のサーフボードホールドに。春山強引に外す。

春山ヘアホイップ、エプロンのシャークにエルボー入れて倉垣にはXファクター。春山キャメルクラッチ、ジェスカが入って顔面にドロップキック。倉垣かみついてブレーク。倉垣ストンピング、ロープに振ってパンチ、春山かわしてローリングクレイドル(左写真)。シャークはカットに入って「回しすぎだこの野郎!」シャークと倉垣ダブルのクローズライン、春山ブロックして2人にフェースクラッシャー。

春山は2人の腕と足を固めてメキシカンストレッチ、ジェスカが背中に飛び乗って余った腕をさらに極める(右写真)。5分経過。

ジェスカが倉垣に逆エビ、春山入ってチンロックに。ジェスカリリースしてロープに振る、倉垣切り返してショルダーブロック、シャークにタッチ。倉垣場外に降りてイスをどんどんリングに入れる。シャークはそれを使って春山の頭も打ち抜く(左写真)。さらに有刺鉄線スティック攻撃。

シャークラリアット2発、イス攻撃、パイルドライバー(右写真)、カウント2。

シャークラリアット2発(左写真)、春山は3発目をかわしてエルボー。

。シャークロープに振る、春山ラリアットかわして投げっ放しジャーマン(右写真)、ジェスカにタッチ。シャークも倉垣にタッチ。

倉垣ロープに振る、ジェスカ切り返す、倉垣はパンチを側転でかわすとドロップキック。倉垣ボディスラム、エプロンに出てトペ・アトミコ(左写真)。倉垣ドロップキック、ジェスカかわして変形のかわづ落としからリンギーナ。10分経過。

ジェスカドロップキック、肩に担いでエアプレンスピン(右写真)。

倉垣の両足を固めてから両手を持って吊り上げる(左写真)。春山にタッチ。

エルボーの打ち合い、春山かわしてスタナー、ヒザを着いた倉垣の顔面にニーアタック。倉垣は春山のヒザに低空ドロップキック。春山ネックハンギングからディレイラー、カウント2。倉垣チンクラッシャー、エルボー打ち合いからバックドロップ(右写真)、シャークにタッチ。

シャークもバックドロップ(左写真)、カウント2。

シャークロープに振る、春山ショルダーブロックで返す。ロープに飛んでもう一発(右写真)。春山コーナーに上ってスイングDDT、ロープに振る、シャークカウンターのラリアット、倉垣にタッチ。倉垣ロープに振る、春山切り返してドロップキック、顔面ニーアタック、ジェスカにタッチ。

ジェスカストンピングからカバージョ(左写真)、倉垣強引に外してシャークにタッチ。

シャークラリアット連発(右写真)、カウント2。

シャークバックドロップ(左写真)、ジェスカ2で返す。倉垣のラリアット受けてシャークもう一発バックドロップ、これも2。

シャークラリアット(右写真)、これは返せず3カウント。

シャーク(14分41秒 片エビ固め)ジェスカ

シャーク「これですべて自分達のもんだ。わかってんだろうな!ウチらに好き勝手にやらしてもらうぜ。キンタローも連れて来て一緒に踊ってやるよ!」



その2