ZERO-ONE 12/14 "INFINITY"両国国技館大会



第1試合 星川尚浩&ロウ・キー vs MIKAMI&マイキー・ヘンダーソン

MIKAMIの心の中ではあくまで星川との絡みのためのZERO-ONE出場かもしれんが、観客が求めてるのは「ラダー野郎」なのかもなあ。

先発は星川とヘンダーソン。しかし星川はMIKAMIに出てくることを要求。MIKAMIそれに応えてヘンダーソンとタッチ。ロックアップ(左写真)、星川ヘッドロック、MIKAMIロープに振る、星川ショルダーブロック。ロープワークからMIKAMIドロップキック。

MIKAMI顔面を踏みつけてミッキーブーメラン180に行く(右写真)。

星川かわす(左写真)。

星川はエプロンに出てトップロープ越しにブレーンバスター狙う(右写真)。

MIKAMIエプロンに着地してエルボー(左写真)、その場でフランケンシュタイナー、星川をリング下に落とすとコーナーからプランチャ。両軍タッチ。

ロウ・キーはこの体勢でヘンダーソンの出方をうかがう(右写真)。

ヘンダーソンが近づくとヘッドシザーズからホイップ(左写真)。

ロックアップでリスタート、ヘンダーソンコーナーに押し込む(右写真)。

ロウ・キーはヘンダーソンの両腕をぶらさがり十字に固める(左写真)。

リング中央に戻ったヘンダーソンはロウ・キーをベリー・トゥ・ベリースープレックスで投げる(右写真)。両軍タッチ。

星川MIKAMIにキック連打からエルボードロップ落とし十字に(左写真)、MIKAMIブロック。

星川はロウ・キーにタッチ。ロウ・キーはこのフォームから(右写真

エルボードロップに(左写真)。

ロウ・キーは星川にタッチ。星川首投げからサッカーボールキック(右写真)。

もう一発首投げからサッカーボールキック(左写真)。

MIKAMI立ち上がってチョップ(右写真)。

チョップ打ち合い(左写真)。

星川ヘッドシザーズ(右写真)。

MIKAMI倒立(左写真)から脱出する。こういう「わかりやすい」動きがMIKAMIの個性よりもウケるんだなあ。

ロウ・キーが入って星川とサンドイッチキック(右写真)。

ロウ・キーはモンゴリアンチョップ連打(左写真)。

星川ブレーンバスター(右写真)。

星川コーナーに振って突っ込む、MIKAMIかわしてスク〜ルボ〜イ(左写真)、カウント2。

MIKAMIキック、星川キャッチ、MIKAMIその足を軸にして延髄蹴り、星川かわす(右写真)がMIKAMI逆回転キック、ヘンダーソンにタッチ。

ヘンダーソンは2人にエルボー、星川をロープに振ってスピンスラム(左写真)。

星川は串刺し攻撃をかわすとヘンダーソンの股間にスライディングキック(右写真)。

ヘンダーソンは首投げで星川を座らせると低空のランニングネックブリーカードロップ(左写真)、カウント2。

ヘンダーソン足をキャッチ、星川その足を軸に延髄蹴り(右写真)。さらにノーザンライトスープレックス、カウント2。ロウ・キーにタッチ。

ロウ・キーコーナーに振って串刺しエルボー(左写真)。

すぐにノーザンライト・スープレックス(右写真)、カウント2。

ロウ・キーはヘンダーソンに飛びついて両腕を固める(左写真)。

ヘンダーソン振り落とすとベリー・トゥ・ベリースープレックス(右写真)、MIKAMIにタッチ。

MIKAMI首投げから顔面踏みつけるとミッキーブーメラン180(左写真)。

今度は見事ヒット(右写真)。

MIKAMIとロウ・キーはエルボーの打ち合い(左写真)。MIKAMI打ち勝ってラダーを持ち出す。

コーナー前にラダーを立てるとすぐにヴォルカニック・ボム(右写真)。しかしこのタイミングで出すのはねえ。どう考えてもフィニッシュには早いし「とりあえず出しとかなきゃ」感あり。しかもMIKAMIカバーに行けない。背中を押さえてヘンダーソンにタッチ。

ヘンダーソンはロウ・キーにアングル・スラム風バックドロップ(左写真)。

星川が入ってヘンダーソンにイナヅマ(右写真)。MIKAMIがコーナーに上って星川にミサイルキック。

復活したロウ・キーが側転してニールキック(左写真)。

最後はキークラッシャー(右写真)。

そのままエビに固めて(左写真)3カウント。

ロウ・キー(15分48秒 エビ固め)ヘンダーソン

今回もMIKAMIと星川の絡みは不完全燃焼。もうシングル組んでくれ。そっからスタートでいいだろ。



その2へ。