DDT "King of DDT TOKYO" 5/21 1st RING大会その3



第3試合 King of DDTトーナメント1回戦
KUDO vs ヤス・ウラノ

握手でスタート(右写真)。

ウラノ首取って上から押さえつける(左写真)、

KUDO切り返してバック取る、ネックロックにスイッチ(右写真)。

ウラノは首を抜くとニーオンザベリーの体勢から腕を取る(左写真)。

マウントからKUDOの首を引っ張り上げるネックロック(右写真)、ブレーク。KUDO立ち上がる。

ロックアップ、腕の取り合い(左写真)。

KUDO腕をひねる、ウラノ切り返す(右写真)。

バックの取り合い(左写真)、ブレーク。

ロックアップ、ウラノヘッドロック、KUDOロープに振る、リープフロッグでかわす(右写真)。

さらにロープワークからドロップキック、ウラノはスカしてホイップ、KUDOも返す(左写真)。

手四つでリスタート(右写真)、

ウラノは組まずにガットショットからアームロック(左写真)。5分経過。

ハンマーロックに固め、足をこじ入れてバンプ(右写真)3回。

足に腕を巻きこんで攻める(左写真)、KUDOロープ。

KUDOをコーナーに逆さ吊り、腕をロープに絡めてキック(右写真)。

チキンウィングアームロック(左写真)、KUDOロープ。

腕折り(右写真)からカバー、カウント2。

KUDOエルボー(左写真)、ウラノはガットショット。

エルボー打ち合い(右写真)、

ウラノミドルキック(左写真)2発。

ウラノコーナーに振る、KUDO切り返して8×4(右写真)。

KUDOコーナーに上ってダイビングダブルニーアタック、ウラノかわす、KUDOはバックスピンキックをヒット(左写真)。

KUDOバズソーキック、ウラノキャッチしてドラゴンスクリュー(右写真)。KUDOすぐに立ち上がってバズソーキック、カウント2。

KUDOボディスラム、ウラノ切り返してワキ固め(左写真)から腕固め、KUDOロープ。10分経過。

ウラノはKUDOの腕をハンマーロックに固めてのボディスラム(右写真)。

ウラノコーナーに上る、KUDOも上って雪崩式ブレーンバスター狙うが裏のはブロックしてKUDOの顔面をターンバックルに。ウラノトップロープに飛び乗ってスワンダイブミサイルキックをKUDOの足に(左写真)。KUDO場外に転がり落ちる。

ウラノはトペ・コン・ヒーロ(右写真)。

ウラノリングに戻してラリアット(左写真)、カウント2。

ウラノもう一発ラリアット、KUDOはその腕で逆上がりしての逆さ押さえ込み(右写真)、カウント2。

ウラノ延髄蹴り、一発目はかわされるが二発目がヒット(左写真

ウラノロープに飛ぶ、KUDO追走してキチンシンク、延髄蹴り(右写真)。

KUDO久々のマチュ・ピチュ(左写真)。

後方回転して(右写真)、

ロールアップジャーマン(左写真)、カウント2。

KUDOコーナーに上る、ウラノ追いかけて雪崩式ブレーンバスター(右写真

ロープに飛んで顔面ドロップキック(左写真)、カウント2。さらに横から、後ろからドロップキックを連打。

ツームストーンドライバー(右写真)、カバー、カウント2。15分経過。

ウラノエルボー連打、KUDOキック、ウラノかわしてフルネルソンからワキ固め(左写真)、

KUDOが回転して逃げようとすると足を取ってエビ固めに(右写真)、カウント2。

KUDO立ち上がるとハイキック(左写真)、

バックスピンキック(右写真)、カウント2。

KUDOコーナーに上ってダイビングダブルニードロップ(左写真)、カウント3。

KUDO(15分48秒 ダイビングダブルニードロップ)ウラノ
※KUDO2回戦進出。

KUDO、ここでウラノにリベンジか。



その4へ。