"Judgement2022〜DDT旗揚げ25周年記念大会〜" 2022/3/20 両国国技館大会その2



第2ダークマッチ 時間差入場タッグバトルロイヤル

翔太入場(右写真)。

翔太のパートナー・高尾蒼馬が欠場となったため、代打出場のヤス・ウラノが入場(左写真)。ROMANCE DAWNなかなかタイミングに恵まれないなあ。

第2入場チームは諸橋晴也&橋本友彦のダブルブリッジ(右写真)。KO-Dタッグ第11代王者組。懐かしい。

橋本エプロンから翔太にトペ・アトミコ(左写真)。

諸橋がウラノにショルダーブロック(右写真)。

諸橋ウラノをロープに振ってケブラドーラ・コン・ヒーロ(左写真)。

翔太にも。(右写真

3番目に藤田ミノル&MJポーのDAMNATION T.A.が入場(左写真)。

ダブルブリッジと激突(右写真)。

藤田が諸橋の股間にニースタンプ(左写真)。

4番目、火野裕士&納谷幸男入場(右写真)。

火野が橋本にエルボー(左写真)、

納谷はポーにビッグブーツ(右写真)。

火野が橋本をヒノスープレックスで投げる(左写真)。

諸橋が火野をジャーマンで投げようとするが動かない(右写真)。5分経過。

火野は諸橋をコーナートップに乗せて(左写真)、

逆水平、諸橋場外転落(右写真)。

火野(5分24秒 オーバー・ザ・トップロープ)諸橋
※ダブルブリッジ失格。

5番手でゴージャス松野&伊橋剛太入場(左写真)。16日の地震で東北新幹線が停まったが、松野さんは無事出場。

伊橋がウラノと翔太の2人にラリアット(右写真)。

ロープに飛んだ藤田に追走式ボディアタック(左写真)、

ロープに飛んでレッグラリアット(右写真)。

松野は藤田、翔太、ウラノをロープにもたれかからせると(左写真

ロープに飛んで619(右写真)、

藤田にのみヒット(左写真)。まあそうだよな。

松野は翔太にフライングクロスアタック(右写真)。

6番目、最終入場チームのスーパー・ササダンゴ・マシン&アンドレザ・ジャイアントパンダが入場(左写真)。

アンドレザには新根室プロレスのオッサンタイガーが笹を持って付く(右写真)。

伊橋が翔太にムーンサルトプレス、翔太かわす(左写真)。翔太カバー、松野カット。

アンドレザが一旦小さくなってリングイン。火野は伊橋にセントーン(右写真)。

アンドレザがようやく元の大きさに(左写真)。

火野は松野にもセントーン打とうとするが、その前に松野がギブアップ(右写真)。

火野(9分4秒 火野のセントーンに怖気づいてギブアップ)松野
※松野&伊橋失格。

火野がアンドレザに逆水平、チョップめり込むが効いた様子はない(左写真)。

火野正面からの逆水平はあきらめて背後に回る。何かに気付いた火野、そこにチョップ(右写真)。

アンドレザダウン、全員で攻撃(左写真)。10分経過。

しばしへこんでいたアンドレザだったが(右写真)、

復活(左写真)。

立ち上がる(右写真)。

アンドレザ納谷に2階からのヘッドバット(左写真)。

MJポーにも(右写真)。

しかしササダンゴに誤爆(左写真)、

すかさず火野が体固め(右写真)、カウント3。

火野(10分59秒 体固め)ササダンゴ
※ササダンゴ&アンドレザ失格。

アンドレザもこれで無念の退場(左写真)。

火野と藤田ラリアット相打ち(右写真)、

火野ポーをコーナーに振って突っ込む、ポーカウンターのキック(左写真)。

火野串刺しラリアット(右写真)。

火野ロープに飛ぶ、ポーはカウンターのテーズプレス(左写真)。

ロープを背にした火野にポー突進、火野かわしてエプロンに出すとラリアットで場外に落とす(右写真)。

火野(12分46秒 オーバー・ザ・トップロープ)ポー
※DAMNATION T.A.失格。

納谷がウラノをコーナーに振ってスプラッシュ(左写真)。

翔太がコードブレイカーに行くが納谷キャッチしてサイドウォークスラムに(右写真)。

火野ウラノを持ち上げて(左写真

Fuckin' BOMB(右写真)。

納谷バックドロップ(左写真)、

翔太を垂直に投げる(右写真)。

片手で押さえつけてフォール(左写真)、カウント3。

納谷(14分28秒 バックドロップ)翔太
※火野&納谷がKO-Dタッグ選手権次期挑戦権を獲得。



その3へ。