WWE UNLEASHED IN THE EAST 7/19神戸大会



第1試合 マット・ハーディ vs フナキ

まず登場はマティテュードの教祖様・マット・ハーディ。
 
昨日の第1試合も盛り上がらなさを反省したのか今日は第1試合から日本人。カードは昨日と同じだが。
 
最初は腕の取り合いからオーソドックスに。
 
フナキがコーナーに詰めてパンチ連打。
 
チキンウィングの掛け合い。
 
マットがロープに振ってのフライングエルボー。
 
マットはとにかく変則的なネックブリーカードロップが多い。
 
フナキは今日も飛ぶ。
 
今日はツイスト・オブ・フェイトの2度目のトライ(1度目は体を押してブレーク)を逆さ押さえ込みに切り返してフナキが雪辱。

フナキ(7分45秒 逆さ押さえ込み)マット



第2試合 ビキニコンテスト


まずはニーディアがビキニを披露。このカッコで踊る。
 
2人目はドーン・マリー。昨日はどこにいたんだ?
 
さすがの風格。
 
3人目は初日優勝のセイブル。
 
カメラマンも真剣。
 
凄い凄い。
 
最後はトリー。
 
あんまりトリーがこういうカッコしてもどうとも思わないんだが。
 
観客の拍手によりトリーが優勝。セイブルの方が拍手多かったような気もしたが。
 
勝ち誇るトリー。
 
負けたセイブルが殴り倒す。
 
ドーン・マリーとニーディアが止めに入る、が2人もトリーに攻撃。
 
ダブルでロープに振るがトリーはフライングラリアットで逆襲。
 

第3試合 ショーン・オヘア vs スパンキー

 
今日もこのポーズのスパンキー。
 
スパンキーコーナーからクロスボディ、しかしこれはキャッチされる。
 
オヘアはキック連打でスパンキーを場外に叩き出しさらにキックで攻める。
 
リングに戻るとパンチ連打。
 
スパンキーはジャンプして飛びつくがキャッチされマットに叩きつけられる。
 
コーナーに振られたスパンキーはトルネードDDTに。
 
スライスド・ブレッド#2に行くが、
 
そのままかつがれてオヘアの必殺技クルーアル・インテンションズを食らって終わり。

オヘア(6分55秒 片エビ固め)スパンキー
 

第4試合 ウルティモ・ドラゴン vs ビリー・キッドマン

 
「地元」神戸の大声援を受けるドラゴン。
 
無個性男キッドマンが序盤攻める。ドラゴン場外に落としてアサイ・ムーンサルト狙うがキッドマンは足をすくって阻止。リングに戻すとギロチンドロップ。
 
ドラゴンの腕に集中攻撃。
 
スリーパー、レフェリーのチェックの3回目で手を上げる。
 
ドラゴンはロープワークから側転エルボー、キッドマン場外転落。
 
2度目のトライでアサイ・ムーンサルト成功。
 
ドラゴンはキック連打からソバット。
 
そしてフィニッシュ技候補であった鎌固めに。しかしこれでは日本でも沸かない。キッドマンは這ってロープエスケープ。
 
ドラゴンがニールキック。
 
フェースクラッシャー、ネックブリーカードロップと攻めつけたキッドマンがシューティングスタープレス、ドラゴンかわす。
 
最後は新必殺技ドラゴン・カッターでカウント3。

ドラゴン(10分56秒 片エビ固め)キッドマン
 


その2